ロードバイク辛みのデスロード

楽になりはしない。

2017年ロードバイク1年目の初心者が買ってよかったもの11

ロードバイクに乗り始めて1年経ってしまった。

富士ヒルに出て燃え尽き、仕事を辞め、自転車に乗りたくて湘南に引っ越し…という激動の年だったように思う。いまは自転車に関わる仕事もちょっとだけしているし、自転車乗りの知り合いも増えた。

 

最初の頃ほど死に物狂いで走っているわけではないが、とても良い1年だったように思う。そんなわけで、今年買ってよかった自転車関連のものを取り上げてみる。

 

去年のエントリーはこちら。めちゃ初々しいよ。

cyclestreet.hatenablog.com

折りたたみ自転車「ブロンプトン

いきなり3台目の自転車の登場だよ。

ミニベロ、ロードバイクに加えて、折りたたみ自転車も買ってしまった。しかも憧れのブロンプトン

納車したてでいまウキウキだよ。

 f:id:weststreet:20171228104551j:image

ほら、かわいい。

 

 

湘南に引っ越してから、週1で都内に出ないといけなくて、乗り換えの煩わしさを解消するために折りたたみ自転車が欲しくなってしまった。

DAHONやcarry meなど候補に入れつつも、折りたたみ機能の優秀さ、折りたたみ時のコンパクトさ、見た目のカッコよさでブロンプトンに決定。

 

納車2週間くらいだけど、輪行アンドゆるぽた最強の自転車だと思う。

評判どおり、折りたたんだ時にスーツケース大になるのはありがたい。今年はロードバイク輪行の風当たりが強いように感じたが、自転車はやはり他の人にとっては邪魔だし、自分達もできれば電車に持ち込みたくない。

ただ、ブロンプトンであれば一見自転車だとは分かりにくいほどの大きさになる。

そして、折りたたみやすい。畳むのも広げるのも1分。輪行袋に入れるのも手間取らない。

輪行に関するあらゆる工夫が細部までほどこされているし、専用バッグも超おしゃれ。専用パーツもたくさんあってカスタムの可能性も無限大。

所有する楽しさを最大限に味あわせてくれる自転車だと思う。

 

走行性能はやはりBD-1とかあのへんの本気走り対応の折りたたみ自転車には負けるが、普段数キロ走る分には十分だと思うし、街を走る整備されてないクロスバイクシティサイクルよりはもちろんよく走る。

重鎮ブルベライダーは「ブロンプトンでも100km余裕で走れるよ」と、かつてロードバイクで聞いたことがあるようなことを言っていたけれど、走れるだろうけど余裕ってことはないと思う…。

折りたたみ自転車、とてもよい。来年はこれで旅行に行きたい。

コンデジRX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

 

 いまやiPhoneXなどスマホでも驚くほどの画質なんだけど、自転車に乗っているとスマホの取り出しがめんどくさい。

そして落とす(2台割った)。

そんな理由で買ったコンデジだったけど、カメラのセッティングに時間がかからないというのは思っていたよりも快適でストレスが減った。

一眼が欲しい時期もあったが、私の体力で一眼をかついで走るのはリスキーなので、これで丁度良かった。

グルメや人、近くの風景を撮るのには十分だが、絶景を撮るにははやり足りないかなと思うこともある。

オルトリーブ サドルバッグM

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M スレート

ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ M スレート

 

 余計なものを持たない、基本引き算の考え方であるロードバイクだが、サドルバッグに関しては大は小を兼ねておいた方が良いと思った。

一年通して分かったが、ロードバイクは夏も冬もたいして荷物の量がかわらない。

冬は防寒具でかさばるし、夏は熱中症対策で小物が多くなる。

そんなとき「オラヨット」となんでも放り込める容量のあるサドルバッグは本当に便利だった。

あと、1泊程度の自転車旅行やイベントでは本当に活躍した。

すぐに持ち出す可能性が多いものはサドルバッグに、宿泊時や移動時にしか使わない物はバックパックに荷物を分けておくとよい。

夏場はボトルケージが2つとも埋まってしまいかさばりがちな輪行袋の行き場に困っていたが、輪行袋が入れられる大きさというのもよい。

モンベル フロントバッグ

 サドルバッグほど活躍の場はないが、これも旅行や特別なロングライド時は活躍した。

サイクリング中に物をサドルバッグから出し入れするために立ち止まるのは何気にストレスだったりする。

フロントバッグは、補給食やカメラ、鍵など頻繁に出し入れするときに乗りながら「ひょい」とすぐに取り出せるのが良い。ゴミもこの中に入れる。見た目より大容量で、着替えなんかも入る。

シートポストバッグも買ってはいたが、膝に当たるのがストレスでやめてしまった。本当は良いシートポストバッグが欲しい。

輪行袋 モンベルコンパクトリンコウバッグ

 最初に買った輪行袋は「オーストリッチ」だったが、意外と大きく、小さくたたむのが大変だった。一度、畳みきれていない大きさでボトルケージに収納していたら、輪行袋の落下とともにタイヤに挟まって落車してしまった。

以来、この輪行バッグを使っている。

「オーストリッチ」よりも一回り小さく、エンド金具なしでも使える。つまり荷物が減る。

 

巾着型の被せる袋なので、持ち方やしまい方によっては、ハンドルが袋から飛び出してしまうこともあるので、取り扱いには注意が必要。

 

あと、ホイールのクランクキャップなど付属品が輪行中に落下すると回収に困難を極める。実際慣れない時に二回落として駅のホームまで探しに出たことがあるが、みつかなければそこで試合終了になるのでキャップやネジ系はきっちり締めてから使うべし。

 

引っ越してから輪行することも激減してしまったが、ロングライド時などいざという時のためにやはり持っておきたい。

Raphaジャケット

f:id:weststreet:20171230222724j:plain

 一時期raphaがものすごく欲しくて買い漁っていた。見た目もいいが、やはり機能性を犠牲にしていないところがよい。

このジャケットは「寒くない、そして暑くない」。ウィンドブレーカーだと「寒いと思っていたのに、気がつけば汗で蒸れてビショビショになっていた」ということがあったが、このジャケットにはそれがない。

明らかに暑すぎる時はのぞくが、5度前後の気温調節機能はとても優れていると思う。

 

新作の方が背中に熱を逃がすメッシュ折りになっているので、そっちの方が機能性はいいかも。欲を言えばポケットが欲しい。

 

FINETRACKインナーグローブ

finetrack(ファイントラック) パワーメッシュインナーグローブ FAU0201 BK(ブラック) M

finetrack(ファイントラック) パワーメッシュインナーグローブ FAU0201 BK(ブラック) M

 

  冬の手汗冷え問題に悩んでいたが、これでほぼ解決した。

 冬は走り始めると気温によっては体が温まる15分〜手汗をかきはじめる。ここで放置すると後々の休憩後に手の汗冷えで恐ろしいことが起こってしまう・・・のは昨年経験したので、冬はいかなる箇所をも汗対策したほうがよいと思った。

詳細は過去エントリーでも書いた通り。手汗をかいていてもなぜかべったりしない、サラサラ状態が続く。この機能性、科学の力の勝利を感じざるを得ない。

cyclestreet.hatenablog.com

vivosmart HJ

ガーミン820jを買うとともに、心拍の乳バンドが嫌で心拍計代わりに買った。

電池の持ちもよく、心拍転送モードにしていなければ1週間ほどはもつ。

心拍転送モードにしていても1日はちゃんともつ。

 

とはいえ、心拍をもとにした走りなんて大したしていないので、どちらかというと1日の運動量を図る目安として機能している部分が大きい。

 

一時期減量に燃えていたので、どれくらい歩いたか、消費カロリーはどれくらいかが把握できて自己管理に役立った。

普段腕時計をしないが、時間ももちろん見られるので、時計としても便利だった。

【冬用】 パールイズミ サイクルタイツ クイックビブ付ロングタイツ

ビブタイツというと「トイレの時に全脱ぎしないといけなくて不便」というのがあるが、これは上下の取り外しが可能なセパレートタイプで、そういった不便さがない。

さらに、裏起毛で表は防風機能付き。上半身も裏起毛なので、とても暖かかった。ただ、極寒用、ガチ冬装備としてしか使ったことがないので、5〜10度くらいの気温で使うとどうなんだろう、というのはある。

国産メーカーの「パールイズミ」だけあって、フィット感、サイズともに申し分なく、こういうところも快適だった。海外ウェアは裾の長さが合わなかったり、日本の気候とは微妙に対応機能が違ったりすることがあるので・・・。

【夏用】パールイズミ コールドブラックUVタイツ

(パールイズミ)PEARL IZUMI W2283DNP コールドブラックUVタイツ W2283DNP 3 ブラック M

(パールイズミ)PEARL IZUMI W2283DNP コールドブラックUVタイツ W2283DNP 3 ブラック M

 

冬タイツがよかったので、夏もパールイズミも購入したが、これもとてもよかった。

真夏日に普通に履いていると恩恵を感じづらいが、水をかぶったり、少し涼しい場所にいくと下半身がびっくりくらい冷たく感じる。

夏はこれ1枚で乗り切ったが、パットの形が合わない疑惑がちょっとある。サドルかえて解決するなら、来年も使いたい。

アソスのビブもいいと噂なので使ってみたい。

 日焼け止め:Wako's「トップアスリート サンプロテクトファイター」

詳細は過去エントリに書いたとおりだが、耐水性は間違いなく過去最強クラス。

ところで夏場って、汗(というか塩)と砂埃とで顔がザラザラになってしまうので、塗り直しがめんどくさくさい。

美白!絶対焼きたくない!とかにこだわりはないが、夏場の太陽は疲れやコンディションに影響するので日焼け止めはやはりあった方がいいと思う。

cyclestreet.hatenablog.com

 買ってないけど一番よかったのは「カーボンホイール」

cyclestreet.hatenablog.com

 神様がくれたカーボンホイール、メーカーもわからないけど、ショップでは「よく回るいいホイール」と評判もよく、何より軽いのでとても恩恵を受けている。

やはり足回りは影響が大きく、登りの苦痛が激減した。アップダウンの道であれば楽しく登れる時も出てきたのは自分的に大きな変化だと思う。

何よりディープリムホイールは見た目がかっこよく「なんとなく走れそうな人」に見える(実際は置いておいて)。

神カラーの赤青タイヤも、最初は合わないかと思ったが、没個性になりがちなビアンキに華をそえてくれている。とりあえずかぶっているのを見たことがないのでとても気に入るようになった。

クリンチャーのパンク経験がないままチューブラーになり、やはり今もパンクはしてない。

 

 ただやはりネタには弱いので来年はゾンダでも買おうかなー。