ロードバイク辛みのデスロード

楽になりはしない。

この坂がマゾい!飯能峠デスライド

山の街、飯能市を走ってきたよ!

市内の7割が山ってことで、ほとんどの道が登りか下りだったね。

今回はマゾかった飯能の峠3つを紹介するよ。

 

コース予定はこちら!

f:id:weststreet:20170313100801p:image

ダムは時間なくていけなかった。

 

マゾ度1位!斜度10%☝️連続つづら折地獄「高山不動尊参道」

f:id:weststreet:20170312182020j:image 

杉林の続く美しい参道。

緩やかな坂から始まり、これぞ「山」という景色が続く観光名所。

f:id:weststreet:20170313075017j:image

序盤は景色を存分に楽しむ余裕があるが、中盤からは斜度10%越えのつづら折の坂が何度も、何度も何度も、何度も!!!現れるスーパーマゾ坂。

f:id:weststreet:20170312181953j:image

f:id:weststreet:20170312182047j:image

 発砲には注意しような!

f:id:weststreet:20170312182226j:image

f:id:weststreet:20170312182245j:image

 景色は本当ーにいいのよ。

ただ中盤からそれどころではなくなる。

f:id:weststreet:20170312182339j:image

この曲がった先にあるのも坂だし?

f:id:weststreet:20170313074625j:image

これこれ、これが辛い。

f:id:weststreet:20170313074809j:image

同じように見えるけど、違うつづら折だよ🤗✨

曲がっても曲がっても曲がってもお迎えしてくれる激坂。

 箱根よりはるかにきついんだけど?

f:id:weststreet:20170312182449j:image

 ここで力尽きた。

 散策している人に「頑張って!」と声をかけられる。

辛そうに見えたかな?見えたよね。辛かったしね!!

f:id:weststreet:20170313081444j:image

限界突破したあたりで、ようやく高山不動尊到着。

f:id:weststreet:20170313081556j:image

気がつけばこんなにも高いところまで来ていた。

f:id:weststreet:20170313081255j:image

f:id:weststreet:20170312182538j:image

 f:id:weststreet:20170312220130j:image

 バイクをとめて、高山不動尊本堂にあがる。

のだが、徒歩でも激坂。

f:id:weststreet:20170313081651j:image

f:id:weststreet:20170313081819j:image

この石段をビンディングシューズで上がるのまじきつかった。ここでも違う筋肉の乳酸を生成してしまった。

 

マゾ度2位!精神力で勝負しろ👊心を折りにくるタイプの「天目指峠」

f:id:weststreet:20170313082208j:image 

厨二力高いネーミングとして有名らしいこの峠。 

勝負して負けた。惨敗。

 

 そこそこの斜度はまだいいんだけど、これから登らされる坂がほとんど可視化されてるの、まじでメンタルに来る。

f:id:weststreet:20170312182723j:image

 坂は我慢区間。その我慢区間がずーっと?

f:id:weststreet:20170312182741j:image

 下 今いるところ

真ん中の土手の部分 次登るところ

上のガードレール 次の次に登るところ…

 f:id:weststreet:20170313083855j:image

心が折れた人の図。

マジで折れた。

「もう山は向いてない、もう登らない、今後登らない!そういう肉体じゃない!」

と峠のてっぺんで泣いた。

桐島、ヒルクライムやめるってよ。

f:id:weststreet:20170313084136j:image

熊にも注意しような!

 

マゾ度3位!山は甘くない「山伏峠」

f:id:weststreet:20170312182830j:image

そうだね、山は甘くないね。

 f:id:weststreet:20170312182931j:image

 名栗の案内板の横にある登山杖らしき「なぐりづえ」。

ネーミングがじわる。

 

天目指峠で心ぽっきりになった私は、しおいんですけどのへるはうんどさんの提唱するインナーロー教団に入団した。

 

峠に入るとインナーローにセット。

どんなにゆっくりでもいい、ケイデンスも速度もあげず、こけないように、心拍もあげず、踏まずに坂をみちみちと登るスタイルだ。

 

斜度がきついところだけダンシング。

みちみち、みちみちとゆっくり峠を登る。

体幹体幹…(お経)」

背中が爆発しそうになりながらも、山伏峠をクリア。

標準的な峠だったので許した(何を)。

f:id:weststreet:20170312183010j:image

途中、たくさんのバイク(エンジンがついてるやつ)とすれ違った。

 

わい「バイクの人らから見ると、我々人力はどう映るかな?」

 

K「頭おかしい、とかでは。それかちんたら走って邪魔だなとか…?」

 

わい「やっぱり?自分でもそう思う」

 

インナーローだと会話する余裕も生まれる。

足つきなしで登れたので写真はない🤗✨

 

以上が、本日登った飯能峠3つであった。

CAFE KIKIで遅めのランチ

走り終えたらもう15時。

飯能といえば、店主がロード愛に満ち溢れているCAFE KIKI。

到着すると、補給の足しに、と塩羊羹をもらった✨

f:id:weststreet:20170313093016j:image

彩りカレーと

f:id:weststreet:20170313093200j:image

坂登り丼!

f:id:weststreet:20170313093255j:image

f:id:weststreet:20170313093312j:image

追加でフレンチトースト ア・ラ・モードとコーヒー。

どれも疲れた身体に染み渡る美味しさだった。

f:id:weststreet:20170313093242j:image

私はコンデジで湯気がとれることに密かに感動していた。

f:id:weststreet:20170312183313j:image

CAFE KIKIさんは、飯能のいたるスポットでサイクルラックを提供していた。

f:id:weststreet:20170313093624j:image

天目指峠にあったこれもそう。

f:id:weststreet:20170313093658j:image

ラックにステッカーが貼ってあるのはCAFE KIKIさんの寄贈だそうで、ロードへの愛を感じるー。

 

飯能は全体的に地味な景色ではあるけれども、登れる峠満載で非常に満足度が高いな🤗✨✨✨

あと、私は花粉症ではないが、帰る頃には目の中が花粉だか砂だかでゴロゴロしてた。

 

 

富士ヒルまで(エントリーした)マゾマゾヒルクライムツーリングがんばろうね。